寿司屋のタイプの違いと仕事の魅力

寿司屋でバイトをする際には、どういった仕事をしたいかということを考えてお店を選ぶということが大切です。寿司屋の仕事は寿司を握るだけではなく、厨房で魚を捌いたり小料理を作ったりする仕事もあります。他にも、それをフロアで提供したりするのも仕事の一つです。また、寿司の宅配を行っている店もあるので、その宅配を担うという仕事もあります。大雑把に分けると、寿司職人・包丁人・料理人・フロアスタッフ・宅配担当といったのが主な人員となります。しかし、仕事先の種類によってはどれをバイトとして担えるかが大きく異なるので、働くお店を選ぶ際は十分に注意が必要でしょう。
比較的仕事探しがしやすいチェーン店では、このどれをもを担うことができると考えて差し支えありません。募集の時点で、どれに該当するスタッフの募集かが分けられていることも多く、自分のやりたい仕事を探しやすいというメリットがあります。
一方、個人営業が行われている店では、フロアスタッフや宅配担当のみが募集されるということが典型的です。なぜかというと、寿司職人や包丁人といった立場で働くには修行を積んでいることが要求される場合が多く、一般の人にはできない仕事になっているというのが通常だからです。しかし、個人営業の店は、完成度の高い仕事を目の当たりにできるという点で大きな魅力があります。その芸術を見て学びたいという人にとっては、まさにうってつけの仕事となるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>